コラム

  • 不動産登記

リバースモーゲージと根抵当権

リバースモーゲージとは

「リバースモーゲージ」という制度をご存知でしょうか?

リバースモーゲージとは主に高齢者向けの生活資金貸付の仕組みの一つです。

おおまかにいうと、自宅の土地建物を担保にいれ、継続的な生活資金の貸し付けを受け、その自宅に住み続けながらも、将来自分が亡くなった時にその土地建物を売却して返済する、というものです。

公的な機関だけでなく、民間の金融機関でも取り扱っている制度ですが、先日、「社会福祉協議会」によるリバースモーゲージの手続きを担当する機会がありました。

社会福祉協議会によるリバースモーゲージの根抵当権の登記

私が担当した手続きは「根抵当権設定」の登記手続きです。

根抵当権の登記自体はそれほど珍しいものではありませんが、社会福祉協議会のリバースモーゲージに関するものは初めてでした。

とはいっても基本的には通常の根抵当権の登記と違いはありません。

一点だけ、債権の範囲の表記が、契約書に記載されている「年月日継続的金銭消費貸借契約」で大丈夫なのかどうか気になりましたが、ちゃんと先例がありました(登記研究716)ので、そのまま登記できました。

あとは資金貸付のスタート時期への影響という点で、「できれば〇日までに登記を終わらせてほしい」という要望がありましたのでその点は法務局の処理状況も気を付ける必要がありました。(その日までに登記が完了しないと、貸付スタートが1ヵ月ズレ込むとのことでした)

当事務所は、地域の皆様のお役に立ちたいと考え、初めてご相談いただく方の初回相談を無料にしております。皆様の生活の中でのお困りごと、お手続きのお悩みなど、お気軽にお問い合わせください。

093-513-3500

受付9:00~18:00(土日祝除く)

24時間365日受付

LINEで気軽に相談
PAGE TOP