コラム

  • 相続・遺言

養子と相続関係についてのQ&A ~その1~

Q 他界した両親には、実子である私と兄弟のほかに、養子が1人います。私には子供がいないのですが、もし今私が亡くなったら、その養子も私の相続人になるのでしょうか?

A なります。

民法第727条では、「養子と養親及びその血族との間においては、養子縁組の日から、血族間におけるのと同一の親族関係を生ずる」と規定されてます。

つまり養子縁組の日から、「養子」と「養親」だけでなく、「養子」と「養親の血族」の間にも親族関係が生じるということです。

あなたは「養親の血族」ですので、「養子」との間には兄弟姉妹としての親族関係が生まれることになります。

そのため、あなたが亡くなって、子(孫)や父母(祖父母)がいない場合だと、その養子もあなたの兄弟姉妹として相続の権利を有することとなります。

ちなみにその養子が父母の片方としか養子縁組していなかったケースでは、あなたと父母を同じくする兄弟とその養子では、相続割合が違います。

父母のどちらかだけが同じ兄弟(つまりこのケースの養子)の相続割合は、父母共に同じ実の兄弟の2分の1とされています(民法900条4号)。

当事務所は、地域の皆様のお役に立ちたいと考え、初めてご相談いただく方の初回相談を無料にしております。皆様の生活の中でのお困りごと、お手続きのお悩みなど、お気軽にお問い合わせください。

093-513-3500

受付9:00~18:00(土日祝除く)

24時間365日受付

LINEで気軽に相談
PAGE TOP